Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

感じ方

日常 社長 小林

小林です。

家の性能のお話をする際に
暑いとか、寒いとかの表現を使うことが
ありますが、この暑い、寒いって
人により感じ方に差があることは
皆さんも日々感じていませんか?

またそれが原因で、エアコンなどの設定温度も
それぞれのご家族で様々になっていると思います。

何故それほど違ってくるのでしょうか?

私も気になり
ネットを検索してみると…

ヤフー知恵袋によると…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1129302081

個人差が生じる理由は様々ですが、太った人は脂肪が断熱材の働きをして、体内で発生した熱を外に逃がしにくく、暑がりの傾向がある。逆に痩せた人は寒がりになる」
また、体が大きい人ほど暑がりに、体が小さい人ほど寒がりになるそうだ。これは、体が大きい人は、熱を発生する体の体積の割合に比べて、熱を外に逃がす体表面積が小さいからだ。ところで、暑いところで育った人は暑さに強く、寒いところで育った人は寒さに強くなるともいわれます。これは、人には、もともと約300万個の汗腺があり、実際に機能する能動汗腺の数は、3歳までにどんな環境で育ったかで決定されます。たとえば、暑い地方で育つと能動汗腺が増えて、熱を逃がす機能が高まるが、寒い地方ではその逆です。ただし、よく運動して体力のある人は、暑さにも寒さにも強い傾向がある。寒くても発達した筋肉で十分な熱が産生されるし、暑くても発汗や皮膚血流の反応性が高くなり、スムーズに熱を外へ逃がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とのこと、私がどれに属するか?は別として
なるほど~という感じですね。

人の感覚は表現が難しいかもしれませんが
お家そのもの性能は実は簡単に分かります。

家は使ってるものは当然ですが
今は性能で買う時代です。

皆さんは性能でお家を比較していますか?

どうでしょう?

では

一覧へ戻る
資料請求・お問い合わせ