Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

資金計画のカギは土地選び?

住宅の話,土地の話,日常 社長 小林

 

老後になると収入の中心が年金となるため、

賃貸物件で住み家賃を払い続けるということが、

現実的には難しくなります。

 

家主さん側から見ても、

お年寄りよりは若い方に住んでもらえた方が、

死亡リスクや保証人問題に

頭を悩ますことだってないですから…。

 

老後のことを考えると、

家を持っておく方が実は安心なのですが、

家を持つ時には、予算設定に細心の注意を払う必要があるし、

かつ、予算を絞っていく工夫をする必要があります。

 

せっかく家を持っても、

住宅ローン破綻を引き起こしてしまうと

元も子もないですからね・・・

 

土地にお金を掛け過ぎてはいけない!?

 

家づくりの予算を大きく左右するのは実は『土地』なのですが、

あまりに多くの方が、必要以上に土地にお金を掛け過ぎてしまい、

以下の2つの選択肢のどちらかを選ばざるを得なくなることがあります。

 

1つは、家の予算を大幅に減らすという選択肢で、

もう1つは、家の予算も減らさなかった場合は、

返済金額が上昇してしまうという選択肢です。

 

いずれも決して良い選択肢ではありませんよね?

だからこそそんな不幸な2つの選択肢を

取らなくていいようにするために、

誰もが、土地に掛ける予算を間違えないようすることが大切になります。

土地選びで知っておくべき2つの知識

 

では、どのようにして土地を選んでいけばいいか?

 

まず、覚えておいていただきたいことが、

無駄に広い土地を買わない”ということです。

 

土地は、自分たちに必要な家が建ち、

置きたい台数の車などが出来ればそれだけで充分です。

 

無駄に広い土地を買っても、

庭の工事費用も高くなるだけですし、

後々の庭の手入れも大変になるだけです。

 

そのためにも…

まずは自分たちが望む家がどんな家なのかを明確にし、

それから、その実現のために必要な

最小限の土地を探すようにすることが、

土地予算圧縮のためには欠かせない要素となります。

 

また、“南道路の土地を買わない”ことも、

土地予算を圧縮するためには欠かせない要素かもしれません。

 

一般的に、南道路は最も価格が高く設定されているし、

競争が激しいことから、同じ分譲地内でも高額になります。

 

しかし、それだけ高いお金を出したにもかかわらず、

実際に建つ家は、外から丸見えの家になってしまうことから、

カーテンが欠かせなくなることもあります。

 

結果、室内が決して明るくない家が出来上がってしまうことも…。

 

しかも、そのカーテンに余分なコストがかかるし、

丸見え防止のための目隠しや植栽といった外構工事にも、

余分なコストがかることになってしまうこともあります。

 

こうしたことを考えると

南側道路にこだわる必要は無いのかもしれません。

 

住みやすさは土地の日当たりに左右されない

 

日当たりが良い土地を買えば、

必ず明るくて風通しが良くて、

居心地がいい家になるわけではありません。

 

逆に、日当たりが悪そうな土地を買えば、

必ず暗くて風通しが悪くて、

居心地が悪い家になるわけでもありません。

 

明るさや風通し居心地は、

どんな土地でも実現可能であり、

その実現の可否は、

土地が要因となるのではなく設計が要因となります。

 

ですから、これらをご理解いただいた上で、

土地に無駄にお金を掛け過ぎることなく、

土地選びをしていただければと思います。

 

では

一覧へ戻る

家づくりに関するご相談は
こちらからお気軽にご連絡ください

C o n t a c t

お名前

ふりがな

住所

〒入力後住所が一部自動で入ります

電話番号

Eメール

ご検討内容

ご意見・お問い合わせ

資料請求

※2つまで選択できます。

※Rasia/GLAMP/WTW HOUSE/NIHONNOIE PROJECT以外の資料は、デジタルカタログとなりますので事前にこちらのアプリにご登録いただく必要がございます。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いについて

ご送付いただいた個人情報は厳正かつ安全に保管・管理し、お取引上のご連絡、または当社サービスのご案内・ご提案以外の目的には一切使用いたしません。個人情報の管理者、開示等の要求に関する事項、その他個人情報に関する取り扱いについては、当社プライパシーポリシーをご参照ください。

資料請求・お問い合わせ