Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

住宅密集地の平屋は無謀?

住宅の話,未分類 社長 小林

小林です

 

新しく造成された分譲地のような

いわゆる住宅密集地で、

平屋が建っているのを見かけることは、ほぼありません。

 

2階建ての家々にぐるりと囲まれた場所では、

当然予算もかもしれませんが

「日当たりも風通しも悪くなる」

と思ってしまうことも原因の一つだと思います。

 

 

確かに、それほどゆとりがない土地で平屋を建てようと思うと、

敷地いっぱいに家を建てることになるので、

日照や採光の確保には工夫が必要になりますが、

この日照と採光の確保さえ工夫することが出来れば、

たとえ住宅密集地であろうと、

2階建の家より明るい平屋の家を建てることが出来ます。

たくさんの家が建ち並ぶ住宅密集地に限らず、

LDKは生活の拠点となる場所なので、

絶対に明るく開放的で快適な空間にしたい!

と誰しもがお考えになることでしょう。

 

しかしながら、平屋はもちろんのこと、

敷地にゆとりを持たせながら設計できる2階建てだったとしても、

住宅密集地の場合、南側に家が建っている土地に家を建てるとなると、

どうしてもLDKの日照と採光に難が出てしまいます。

 

また、日当たりが良さそうな南道路の土地だったとしても、

工夫することなく間取りを考えてしまった場合、

図面では大きな窓があって開放的だと感じても

実際に住んでみると

外(近所)から家の中が丸見えになってしまってしまい

いつもカーテンを閉めっぱなし・・・

という最悪な環境をつくってしまうことになります。

 

ですから、日当たりが良さそうな土地においては、

ただ単に日照と採光を確保するだけでなく、

同時に、いかにプライバシーを侵害されることなく、

日照と採光が確保出来るLDKをつくることが出来るのか?

ということを考える必要があります。

 

また、日当たりが悪そうな土地においては、

プライバシーの確保はもちろんのこと、

いかに日照と採光がとれるLDKをつくることが出来るのか?

ということを第一に考える必要があります。

 

これら2つの両立を考えないまま、

どこでも同じ考え方で

住宅密集地で間取りを考えてしまった場合、

平屋はおろか、たとえ2階建てであろうとも、

非常に住みにくい家になってしまう可能性があります。

 

一方で、たとえ住宅密集地でも

「これら2つを両立した間取り」にすることが出来るなら、

2階建てに限らず、平屋であろうとも

住み心地に優れた素晴らしい住まいにすることは可能です。

ですから、もしあなたが、

「出来ることならば平屋が建てたい!」

とお考えであるならば、

そして、もしも敷地がそれほど広くなかったとしても、

あるいは住宅密集地だったとしても、

あきらめる前に、一度弊社にご相談にお越しいただければと思います。

 

 

では

一覧へ戻る
資料請求・お問い合わせ