Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

デザインは使いにくい?

住宅の話,未分類 社長 小林

小林です

「デザイン性が高い家は、住みにくい・・」巷では、
このような思い込みが存在しています。
驚くことに、家の仕事に携わっている住宅会社の方でさえも、
そう思い込んでしまっている方が数多くいらっしゃいます。
 
これはデザイン=デザインを追求、優先させた家
という、偏った考え方によるものが原因です。
(残念ですが、そんな家もありますが・・・)

しかし、私たちが考えるデザイン性の高い家は
ただ単にデザインを追求した結果そうなったのではなく、
同時に“暮らしやすさ”と“安心”、そして何より
“長く愛していただける家”を追求した結果、
そうなっているというのが正しい答えなのです。
 
弊社がこだわっているポイントは、
いかに快適にリビングダイニングで
過ごすことが出来るか?ということです。
 
例えば、せっかく大きな窓をつくったのですから、
太陽の光をたっぷりと室内に採り込みたいですよね?
 
せっかく窓をたくさんつくったのですから、
風通しのいい家にしたいですよね?  
 
また、せっかくのんびり過ごすことが出来るような
リビングをつくったのですから、
誰の目も気にせず、ゆったりとくつろぎたいですよね?  
 
でも、多くの住まいが、
この3つを実現出来ていないという現実が存在します。
その実現は簡単に見えて案外難しく、
設計の工夫が必要不可欠になってくるものです。

まずは、それを100%実現させていただきたいと考えご提案をしています。
 
続いてこだわっているポイントが、
家事のストレスを出来るだけ軽減出来ないか?ということです。  
 
多くの住まいが、最短の家事動線とうたいながら、
最長の家事動線をつくりあげてしまっていたり、
薄暗くてジメジメした水回りになるような
間取りづくりをつくってしまっていることがあります。  
 
また、アパートはそもそも窓が少ないから仕方ないものの、
せっかく大きな窓をつくったにもかかわらず、
朝から照明をつけないといけないような
薄暗いキッチンになってしまうことも多々。
  
そういった点の解消にもこだわった間取りの
が出来るような提案を心がけております。
 
もちろん快適な収納づくりも、
非常に重要ポイントだったりします。

収納は、コストも意識しながらつくらなければいけませんし、
場所も考えてつくらないといけません。
なにより、管理しやすいようにつくらないといけません。
  
そのバランスをしっかり考慮しながら収納をつくることも
弊社が非常にこだわっているポイントです。
  
今回は3つのポイントに絞ってご説明させていただきましたが、
これらは多くの住まいで問題が放置されたままの現実です…  
 
そして、建ててから後悔することになり、
“家は3回建てないとダメだ”
という格言が生まれることになります。
 
だからこそ、家づくりをする時には、
あまり先入観に捕われず、
柔軟な思考でもって臨むようにしていただくことで
当たり前と思ったことが実は…
そんな気付きになることもあります。
 
当たり前が使いやすい…

ではなく、

あなたにとって使いやすい=当たり前

だと思います。

では

一覧へ戻る
資料請求・お問い合わせ