Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

土地探しで失敗しない6つのこと①

お金の話,住宅の話,土地の話 社長 小林

小林です。

家づくりをされる方の多くが
土地探しから始められるそうです。

その割合を少し調べてみると約80%の方が
土地から買って家づくりをすると言われているようですが、
この場合、土地を買わなければいけない分、
当たり前のことですが
家に掛けられる予算は
土地有の場合に比べ少なくなってしまったり、
身の丈以上のオーバーローンを
組んでしまいがちになります。

そうならないように、
土地から買って家づくりをする場合は
正しいステップを踏んでいくことが必要になりますが
何故か多くの方が失敗しているようです。

今回はそんな土地探しからの方が
勘違いしがちなこと6つを紹介します。

●勘違いその1:家づくりは土地探しから始まる

いきなり土地を探してしまった場合、
かなり高い確率で土地に予算を使い過ぎてしまいます。

つまり…、
予算的に買ってはいけないような土地を
買ってしまいやすくなるということです。

弊社に来られる方の中にも
「土地は決めてきました!」と言いながら
来社してくださる方がいますが
これは予算オーバーになりやす為
ちょっと危険な家づくりの進め方ですので
気を付けていただきたいポイントです。

いくら土地探しからの家づくりであっても
いきなり土地探しから始めるのではなく、
まず「あなた自身にとってのベストな土地予算について正確に把握する」
ことから始めなくてはいけません。


●勘違いその2:雑誌やネットに載っている金額だけで土地が買える

これも多くの方がそう思い込んでしまっているようですが、
表示金額だけで土地が手に入るわけはありません。

土地を買おうと思えば、
不動産屋さんに支払う仲介手数料、
土地の所有権を移してもらうための登記費用、
土地代を銀行から借入する場合は
土地に担保設定するための登記費用など、
様々な経費が掛かってくることになります。

ですから、土地代以外の費用が別途で掛かってくるという現実を、
しっかりと頭に入れておくようにしなければいけません。

●勘違いその3:土地は広いほど良い

確かに、せっかく家を建てるのであれば、
広い土地にしたいという気持はよく分かります。

しかし、現実的に考えてみてください…。

その庭に生えてくる草は一体誰が抜くのでしょうか?
容赦なく延びていく木の手入れは一体誰がするのでしょうか?
ちょっと放置しているだけでボーボーになってしまう芝生は
一体誰が定期的に刈るのでしょうか?
その範囲が広くなればなるほど、手入れはさらに大変なものになってしまいます。

また、広い土地を買えば、
そもそも庭の工事費用も、
それに連動して高くなってしまうし、
これから一生払い続ける固定資産税だって、
かなり割高になってしまうことになります。

200㎡(=約60坪)までと、
それを超える部分では、驚くほど税金の金額が違ってくることになります。

こしたことを考慮すると
土地はあなたにとって必要最小限の広さにしておくことを
おススメしています。

そして、あなたにとって必要最小限の広さを知るために、
あなたがどんな家を建てたいのか?
を土地探しをする前にある程度明確にしておく必要があります。

残りの3つについてはまた次回、
ゆっくりとお伝えさせていただこうと思います。

では

一覧へ戻る
資料請求・お問い合わせ