Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

家の予算で大切なこと

お金の話,住宅の話,未分類 社長 小林

長い梅雨の季節が終わったと思ったら
恐ろしいほどの暑さがやってきました。

体調管理はもちろん、無理をしないように
お互い気を付けたいものですね。
 
無理をしない家づくりを推奨する
私たち入沢工務店ですが、
家づくりで予算の狂いを最も生じさせやすいのは
実は『庭』の工事です。

なんせ、思っている以上に
コストがかかるのが、この『庭』の工事なのです。
 
例えば車2台分だけコンクリートを打ち、
残りの敷地全体に砂利を敷く場合、
ポストや表札、残土処分費用などを合わせていくと
最低でも『土地の坪数×1万円~1.5万円』は
予算計上しておく必要がありますが、
残念なことに多くの場合、
『土地の坪数×1万円~1.5万円』では
庭の工事予算が全く足りません・・・
 
なぜなら、庭に予算を掛けないといけない家がほとんどだからです。
そして、それにはいくつかの理由が存在します。
 
 ●理由その1→プライバシーと防犯の確保をしないといけないプランが多いから
 
ほとんどの家が
外から家の中が丸見えの家ばかりですから、
快適に暮らすために目隠しや植栽で
家の中のプライバシーを確保する必要があります。

周囲に向かって窓が多くなればなるほど、
そして、窓が大きければ大きいほど、
それに比例して防犯に対する不安も大きくなるものです。
 
となると、防犯性を高くするための工夫も
庭に施す必要が出てきます。
その結果…
より多くのお金を掛けて
余分な外構工事を施さなくてはいけなくなってしまうのです。
 
●理由その2→庭が家を引き立たせる要素として不可欠になっているから
 
家そのもののデザインがイマイチな場合でも、安心してください!
家がイマイチでも
庭でその不足を補うことが出来ます。

玄関に向かって素敵なアプローチを作ったり・・
おしゃれな門柱を作ったり・・
境界壁に超高額なウッドフェンスを設置したり・・
過度に植栽をしたり・・
こうしたことをするだけで、見違えるほど家がカッコよくなるはずです!

そして、その結果…
外構工事の費用がどんどんかさんでいくことになってしまいます・・・
 
などなど・・・ほかにも理由はありますが、ざっと書くとこんな感じです。  
 
ですから、予算を考える際には、
家だけじゃなく庭の予算もある程度は確保しておく必要があります。

そうしないと、100万円ぐらいは、
いとも簡単に足が出てしまうことになるので・・・
 
庭の工事予算を最小限に抑える秘訣は、
無駄に広い土地を買わないこと、
土地に無駄な余白を残さないことも大切なのですが、
それに加えて、家の設計を工夫することも大切です。
  
家の防犯性が高くなれば、
境界の壁に掛けるコストは間違いなく下がります。

また、家のプライバシー性が高くなれば、
余分なコストを掛けてまで目隠しや植栽をする必要がなくなります。

さらに、家のデザイン性が高くなれば、
庭に過度な装飾を加える必要が一切なくなります。

そして、家の使い勝手をより良くするために、
洗濯干場やウッドデッキなども
庭の費用としてじゃなく家の費用として考えるようにすれば、
庭の費用をさらにカットすることが出来るようになります。
 
こういった工夫をしない限り、
庭の予算はとてもじゃないけど
『土地の坪数×1万円~1.5万円』ではおさまりません。

というよりも…
『土地の坪数×2万円〜3万円』位
予算計上しておくようにしないと
全く予算が足りなくなってしまいます。
  
ということで、
家の予算を考える時は家だけで考えるのではなく、
庭も一緒に考えるようにしていただければと思います。
 
では、

一覧へ戻る
資料請求・お問い合わせ