Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

増えるのは「モノ」だけではない

住宅の話 社長 小林

子供の成長とともに、増えていくと言えば
「モノ」が代表的なものですが
同じように
どんどん増えてくるのが洗濯物です。

小学生の高学年を迎えると
すっかり洋服のサイズが大人サイズになっているため、
洗濯物もめちゃくちゃかさばってくるようになります。
  
しかも、特に女の子なら
ちょっと着ては洗濯に出すようになるので、
回しても回しても、後からどんどん湧いてくるという始末・・

仮に男の子であっても
スポーツなどしていると
ユニフォームやら何やらで、
全く減ることはありません。
 
毎日洗濯機を回しては、
水気を含んだ重い洗濯物をわざわざ2階まで運び、
乾いた洗濯物を取り込む洗濯の動線、
今はイイものの、将来もし足腰が悪くなってしまったら…
けっこう大変なことになってしまいます。

しか「モノ」と違い洗濯物は
自分たちにとっても必須となる為
量こそ減るとしても無くならない仕事なので
これについて考えないわけにはいきません。  
 
現在では楽々家事動線を実現するためにも、
キッチンと洗面脱衣室をできるだけ近くにつくることが
家づくりのスタンダードになっていると思いますが、
洗濯の一連の流れを考えた時、
これはこれで何かと便利なんですが、
これだけでは、なにかと足りないことがあります。  
 
その一つが「どこに干すのか?」

2階まで干しに行く必要がある場合、
短い動線と言えないどころか、
むしろ最長の家事動線を
つくりあげてしまっていることになります・・・  
 
また、わざわざ2階と1階を
行ったり来たりするのは面倒だと、
キッチンや洗面脱衣室から出入りできる
洗濯テラスをつくる方も多くいらっしゃいますが、
この場合、近所に家がないような立地であれば
寝癖が付いていようと、
ダサダサなパジャマだろうと、
すっぴんのままであろうとも、
それほど気にすることなく
洗濯物をパンパンたたきながら干すことが
出来るかもしれませんが、近所に家が建っているような場所だと、
さすがにそういうわけにもいかないのではないでしょうか?  
 
ですから、洗濯の一連の流れに関しては、
干す動線、取り込む動線、
そして片付ける動線まで配慮しながら設計しなければ、
決して家事動線が短く楽になったとは言えないんですよね。  
 
弊社では干す→取り込む→たたむ→片付けるという一連の洗濯の作業が、
出来る限り最小限の移動で出来るだけじゃなく、
周囲の目を気にすることなく出来、
また歳をとった後も、
楽にこの一連の動作をこなすことが出来る間取り
提案をさせていただくよう心掛けています。
 
こうすることで、仕事に家事に育児に忙しく、
自分の時間がなかなか持てない奥さんへの負担を
和らげるだけじゃなく、将来
使い勝手が悪いからと、
無駄な増築や改築費用を掛ける必要もなくなります。
 
最短の家事動線とうたいながらも、
最長の家事動線が出来上がってしまっていたり、
家事の手間をカットとうたいながらも、
家事の手間が余計にかかる家が出来上がってしまいやすいのが、
家づくりで密かに隠された落とし穴なのです。
  
あなたの生活にピッタリ合った家事動線を
いかにコストを最小限に抑えながら実現するか?
簡単そうで難しいこの課題を実現することも、
私たち住宅会社の大切な役割だと思うのです。
 
 
では

一覧へ戻る
資料請求・お問い合わせ