Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

まずは土地探し…

お金の話,住宅の話 社長 小林

小林です。

 

『土地を決めたので、

家のプランを考えてもらっていいですか?』

 

というご連絡をよくいただきます。

 

 

現実問題として、

この手のご連絡をいただいた方の約半分は、

思っているような家が建てられなくなってしまったり、

オーバーローンを組まざるを得なくなってしまったりすることが

非常に多いです。

なぜなら…

 

土地購入費用に予算を使い過ぎてしまっている

可能性が「大」からです。

 

例えば…

 

あなたが家づくりで準備出来る自己資金が100万円で、

毎月の返済金額を70,000円以下にしたいと考えているとしたら、

あなたが家づくりに掛けられる予算は、

2450万円~2600万円ぐらいになってきます。

 

 

となれば…

「あなたがどんな家にしたいか?」や、

「あなたがどの地域に住みたいか?」によっても、

土地や家に掛けられる予算は違ってきますが、

間違いなく言えることは、

土地代に1000万円掛けるという選択肢は

100%ありえないということになります。

 

「そんなの当たり前じゃん!」

 

きっと、多くの方がそう思っているはずです。

 

しかしながら、そうじゃないことがたくさん存在します。

 

なぜこんなことが起きてしまうのでしょう?

 

というのも、資金計画をしないまま土地を探し始めてしまい、

そしてその勢いのままに土地を決めてしまうからです。

 

具体的に

全体予算が2500万円の方が、

1000万円の土地を契約してしまったら、

一体どういうことになるのか考えてみましょう!

 

まず、1000万円の土地を契約しても、

1000万円でその土地を買うことは出来ません。

土地を購入する際は、土地代以外に

手数料や登記代、水道、排水費用など

その他費用が必要になることがあるからです。

 

2500万円の予算なら、

1000万円で土地を買えば1500万円の家が建つ

と思っている方がたくさんいらっしゃいますが、

そんなことは一切なく、建物以外にもローンの諸費用

更には消費税など別途必要になるため

家に掛けられる予算は、

せいぜい1200万円ぐらいになってしまいます。

さらに…

庭の工事費用も別途で必要になれば、

諸経費も掛かるし、

新居用の家具や家電費用だって必要になるかもしれません。

 

また、あなたの要望全てを重視するのであれば、

間違いなく全体予算のアップ、

そして毎月の返済金額はアップすることになります。

 

こうしてできた家が

仮に1800万円だったとしましょう。

たったこれだけでも

単純に600万円予算オーバーすることになるわけです。

 

当然その結果、

毎月の返済金額は、20,000円以上も

アップしてしまうことになります。

 

もちろん、それでも生活にも問題が無ければ良いでしょう。

 

しかし…

 

誰もがそうだと思いますが、

建てた後の暮らしを大切にしたいとお考えであれば、

絶対に予算を最初に考えてから、

土地探しをしていただければと思います。

 

また、その予算を決めるのは

自分たちがいくらまでなら

家づくりにかけて良いのか?を

しっかり考えてからにするべきなのです。

 

一覧へ戻る
資料請求・お問い合わせ