Category header bg 01 Category header bg 02 Category header bg 03 Category header bg 04 Category header bg 05

ブログ

社長 小林

土地を探す…

住宅の話 社長 小林

小林です。  
 
土地を探す方には、探す前に、住宅会社を決め
ご自身の欲しい家のおおよその金額を決めて、
【ご自身が土地に使っていい予算を決めておく】
ことが何より大切です。

こうして決めておくことで
実際に良さそうな土地が現れた際には、
時間をかけることなく
短い時間で決めやすくなるので是非覚えておいて頂きたいです。
(時間をかけすぎてしまうと、売れてしまうことも多々…)

そんな土地ですが大きく分類すると、
新規分譲地(農地から宅地に変えたものもコチラとします)と、
以前から住宅地として使われていた土地に分けられます。  
  
そして、この2つの土地には、
ぞれぞれメリットとデメリットが存在します。
 
 
まずは新規分譲地のメリットから…
 
 
『道路が広い』…

ここ最近では、5〜6mほど道路幅を取るのが当たり前なので、
対向もしやすいですし、車も停めやすくなっています。
結果、見通しもよくなるので、
子供たちの安全性も高くなります。

『形がよく広さがちょうどいい』…
不動産屋さんは、その地域の坪単価なども考慮した上で、
金銭的な負担が上がりすぎないような広さで、
土地をきれいな形で区画割りしてくれています。
 
 
『水道や排水が整っている』…
新しく造成された土地は、ほぼ確実に水道が敷地内に引き込まれているし、
ほぼ確実に前面道路に排水出来る状態になっているので、
高額になりがちな水道の引込工事費用や排水工事などが別途不要になります。
とはいえ、一般的には水道や排水の加入金などの費用は別途請求されますので
こうした費用も、土地購入費用などとして予算に入れておく必要があります。
 
 
『境界がハッキリしている』…
このため、隣の方と境界のことで揉めることがありません。
   
 
『しがらみがない』…
新しく販売される土地の一番のメリットは、
おそらくここではないでしょうか?
その土地に骨を埋めることになるわけなので、
自治会に入るかどうかや、
その地域特有のしきたりがあるかどうかなども、
やはり気になるポイントですからね。
 
 
では、新規分譲地のデメリットはどうでしょう?
 
 
『グズグズしているとすぐになくなってしまう』…
あなたが良いと感じる土地は、
同じ地域で土地を探している他の方も、
同じように良いと感じます。

つまり、あなたと同じようにその土地を狙っている方が
たくさんいるということです。
良い土地が出てきたら即決出来る状態になっていないといけません。
 
 
『とにかく時間的余裕がなくなる』 …
どんな商売でも商品であっても、商品ができたらすぐに買ってもらい
お支払いをしてもらいたいのは不動産屋さんも同じです。

でも土地を決めて、家を決めて、ローンを…とやっていると
やはり時間がかかるので、当然「急いでほしい」と言われてしまうのは
仕方のないことです。

だからこそ『事前の準備』が重要になります。
 
『しがらみはないが、どんな人が近所になるのかが全く分からない』…
他のみんなも、あなたと同じようにこの場所に移り住んでくるので、
これはごくごく当たり前のことです。
とはいえ、家を建てる方は同世代の方が多いので、
子供の年齢は近いでしょうから、
変な人と近所になって困った…
なんてことになる可能性はほぼなく、
むしろ子供たちにとって、
いい環境になる可能性の方が高いでしょう。(あれっ?じゃあメリットかな?)
 
 
これらを平たくまとめてみると、
“安心感はあるけど、その分高い買い物になる”のが、
新規分譲地って感じですかね?

ぜひ、参考にしていただければと思います。
 
 
では

一覧へ戻る
資料請求・お問い合わせ